FC2ブログ
   
09
1
2
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

先日の豪雨の件

先日の豪雨の時には、譲渡先の皆さまより
「大丈夫ですか!?」とご心配頂きました
ありがとうございます。

皆様のお宅は大丈夫ですか?

蒼宅はマンションなので浸かる事は無いと思いますが
近くのところは車が半分以上水に浸かっておりました
そんな事は知らずに、雨の中会社に行き通常業務を
こなしておりました。

蒼地区でも、床下、床上浸水のお宅が沢山です。
先日8日には、お隣町の筑後市の友人に誘われて
災害ボランティアに行きました。
そちらのお宅は大変酷い状況で、家主様は心も体も
お疲れのご様子でした。。。
一日でも早く精神的に落ち着ける事を願っております。

筑後市はその日までのボランティアで目途が立ったとの
事でしたので、14,15日は蒼地方のボランティアに申し込み
ました。
どのくらいのご協力が出来るか分かりませんが、動ける時に
できる事をしたい蒼です。

わんずは、蒼母に任せて行けるので蒼母にも感謝です
後から請求書が来るかもですね~www
スポンサーサイト



ラキ退院しました☆

ラキは7月12日に山口獣医大学病院を退院しました。
病理の結果は、
〇膵臓に出来るインスリノーマ
〇脾臓に出来る腫瘤
でした。
インスリノーマは進行性の悪性癌でステージ1
脾臓に出来た腫瘤は良性の出来物でした。

人間の手術と同じような感じで、術後まだ麻酔が
覚めていない(痛いから暫くは覚まさない)時に
会いましたが、首にチューブが2本入っていて
尿道カテーテルも入っている状態。
首のは、膵臓を触ると反射として術後膵炎を
起こすのが多いので、術後暫くは食事を口から
与えずに点滴やチューブからの直接的な栄養でした。
術後三日で面会出来ます。とお電話を頂きましたが
帰るーーー!と暴れるとチューブが抜けるかも、、と
心配して我慢(苦笑)
でも、土曜日に電話が。

「昨日から口から食事ですが、缶詰を食べません」
(え!?ラキが食べない!?)
「お腹周りも触ると噛みつくので痛いのか?
食べないのもそれが原因なのか・・?」
(かなり心配な蒼。。そして、心配そうな先生)
「良かったら明日会いに来てくれませんか?
お母さんと会ったら食べてくれるかも。。。」

との事で、急遽心配な気持ちを押し殺しながら
病院へ


連れてこられたラキは自分を守るのに必死
ええ、かなりのびびりさん(飼い主に似てww)
私達の事さえ初めは目に入りませんでした。
抱っこして、先生が恐る恐る食事を持ってこられて
「食べますかね。。」と言われるので、
「ラキ!お腹すかないの!?」と言うと
がっついてきてwww
先生が「わぁ!!ゆっくりお願いします!!食べた!」
とwww
学生さん達も裏で「よかった~。おぉすげぇ~」とwww
心配かけてすみません
食べながら話しました。
「口からきちんと食べて元気になるんよ!ちゃんと迎えに
くるけんがんばって!」と言えば伝わると私は思います。

その日からきちんと先生の言いつけも聞いて、食べて
毎日の血液検査も頑張ったそうです
本当に一生懸命診て頂き、12日に退院しました。

インスリノーマは4割が再発すると言われているそうです。
転移も見つからないくらいの腫瘍らしく、心配はたえませんが
頂いた時間を大切に一日、一日向き合いたいと思います。
同じ病気だった北海道のわんこは術後3年経ち再発ないそう☆
症例が少ない病気で死ぬしかないと諦めている方々が多いし、
この病気にかかっている事すら知らない飼い主さんが多い
でしょう。と獣医師さんが話されてました。
北海道のわんこの飼い主さんのブログやコメントにかなり
知識と元気を貰いました☆

ラキも1日1日元気になって欲しいです

ラキ君、本当に頑張ったよーーーーー!!
ありがとうね!
77297.jpg
※ジョシ服で退院(飼い主この重要さに気づかずwww)
大学の先生お世話かけました

77298.jpg
※帰ってきて気付く。大事な部分がジョシ服で出てないので
お腹部分がオシッコまみれ先生に電話して、念の為に
掛かりつけでお腹の術後部分のテープ張替
購入していたメンズように着替えるwww

今日は、ざくろの初七日です。。。

今日は、ざくろの初七日です。。
あっという間に日々が飛んでいきます。。
昨日までは元気に吠えていたような気分がするざくろ。。
帰ってくると、ベビーゲートの門番をしていたざくろ。。
と、、色々と思い出します。

まだ、まだそばにいてくれていると信じてます。。

76847.jpg

ざくろは、皆さんに温かいメッセージを頂き、
お花を頂き、ざくろが存在していた証になります。。
本当にお心遣いありがとうございます。
似合う色♪の色とりどりのお花とお気持ちに
包まれてざくろは幸せです。

32264.jpg
みんな、ボーっといきてんじゃないわよっとwww
言いそうな姐さんです

ざくろが虹の橋へ

ここ数日で色々な事がありすぎて・・・・

実は、先週木曜日より少し変な咳?と思う事があり
少しずつ酷くなるので土曜日に病院を受診。
「心肥大」と診断されました。
心臓の薬と利尿剤で心臓を小さくしましょう。との事
でしたが、薬が効いている様子がなく、月曜日に朝から
病院へ。
仕事の為預ける事にしました。

夕方病院へ行くと点滴により心臓が小さくなった旨
報告を受けましたが、息遣いが変わらない。。。
嫌な感じがしました。。

ざくろも、春と秋に血液検査とエコー検査などを
してます。今年の春にT4(甲状腺機能)がひっかかりましたが
再検査でクリア。他に異常はありませんでした。
といっても、既に推定年齢16歳と保護当時から
言われてますから年相応でした。
病気と上手く付き合う年齢でした。

心臓は保護当時より左心房が少し悪くお薬は服用しても
左心房には上手く作用しないとの事で特に倒れる事も
無くきてます。
気管も以前CTも撮りましたが年齢的に細くなっている事が
分かっても麻酔のリスクは課せられないので付き合うしか
ありません。。
それらが一気に悲鳴を上げだしたのだと思います。。
近いうちにそうなるであろうことは、年齢を考えれば
分かっていました。
ある程度覚悟はしていたので、保護活動は控えてました。。

が、、やはり突然にきますね。。
プラス副腎皮質ホルモンの異常が新たに認められチックで
ある事が分かりました。。
心臓肥大でうつ伏せになる事が出来ない+自分で過剰に
ステロイドを出し興奮状態で眠れない。。

息苦しさをどうにかしてあげたくても、どこの薬を過剰投与
しても耐えられる年齢ではありません。。。
獣医師は二つ提案されました。
〇この状態を続けながら(治らない)治療をするか。
〇2日横になれずに寝ていないので座薬を入れて寝せてあげるか。
座薬は過剰に働くチックによる状態を緩和する麻酔のような物でした。

それで、、眠るように最期を迎えても蒼さんのせいではなく
それは来るべき時が来たという事です。との事でした。

獣医師は多分「動物福祉」を言いたかったのだと思います。
私は二番目を選択しました。

ただ、私は最期までざくろの気持ち「生きる意志」は尊重して
見届ける事を心に決めてました。

お薬を持ち帰りましたが、ざくろは懸命にご飯を食べようと
頑張りました。だから私は座薬は夜皆が寝る時に使いました。
それでも、ざくろはねむれない?ねむらないようにしたのかも
しれません。
それでも、すこしだけは横になれました。。

次の日はラキの手術日でどうしても留守番させなくては
いけません。。
それでも誰かに預けるよりざくろは「わが家」が良いと
思いました。

長い時間留守にするので、ざくろとしっかり話してから
家を出て夕方帰宅。
ざくろは走るように玄関にきてました。待っていたのでしょう。。
傍にいて、呼吸を聞き、食事を受け付けなくなったざくろ
を撫で・・・二回目の座薬を投薬しました。
伏せる事ができてましたが、荒い呼吸はやはり続きます。

ふと静かになったので、、、自分の中で理解しました。

最期はきつかったでしょう。。でも、最期まで生きようと頑張って
くれたざくろには感謝しかありません。。
旅立ちも静かに。。立派な凛としたざくろでした。

沢山の保護犬がざくろから教育を受けて、立派に愛犬として
皆さんに可愛がられてます。
全て、犬が犬へと伝えた事です。

きちんと、弟分の手術の無事を聞き旅立つ姐さんは美犬で
かっこよかったです。
ありがとうね。ざくろ。。最期寂しくさせた事だけが後悔ですが
それすらざくろは分かっていたのだと思います。

同窓会_180611_0016
1750.jpg
1502796066279.jpg

ラキの手術

先ずはラキの件から。

7月3日にラキの手術が決まってました。
前日の夜中よりご飯と砂糖水で血糖値の調整をかけ
ぎりぎりのラインでの調整だったと思いますが、
無事に大学病院へ到着。

一日に四例ある手術の2番目となりました。
ラキも、気づいていたでしょう。
不安そうに私に抱っこをせがみました。
私も泣きそうな不安な気持ちを抑え、
ラキの強運を信じ「大丈夫だから」と
言い聞かせて獣医の先生に預けました。

9時に預けて、終わるのは15時半ぐらい。との事
預けて、病院の外へ出たら涙が溢れました。。
不安と緊張とラキの恐怖を考えると押しつぶされそうな
気持ちになりました。

手術が終わるまでは近くのネットカフェで時間を潰しました。

実は・・・数日前よりざくろも体調が悪く不安な状態のまま
お留守番をさせるしかなく。。こちらも心配でたまりません。
あの日は1時間が何時間にも感じました。。

先生より、15時過ぎに電話がなりどきどきしながら出て
順調に終わった事を聞き病院へ。

開腹してやはりCTで腫れが認められたところが腫瘍だった
そうです。
そこと、脾臓にも腫瘍がCTで確認できていたので両方を
摘出された説明がありました。
麻酔で朦朧となるラキに会い、まだ痛々しい姿でしたが
無事に手術が終わった事にほっとしました。
先生が話されるには転移は認められなかったそうです。
念の為、腫瘍は病理へと提出されてます。結果待ちです。

膵臓は触るとどうしても反射的に炎症反応が出るそうで
まだ、術後三日目ですので炎症反応は高いそうですが、
血糖値は術後より安定。
他の数値も異常はないそうで安心しました。
炎症反応は徐々に落ち着いてくるでしょう。との事。

土曜日に面会できるとの事でしたが、ラキが帰ると
暴れると、まだ管に繋がれているので(嘔吐防止の為
今は、点滴)危ないから我慢しました。

ざくろが守ってくれていると思います。。
ラキ、頑張れっ!


ラキの話

お久しぶりのブログです。

今日は、愛犬ラキの話です。

蒼家の愛犬は、基本的に春と秋に血液検査と健康診断をしてます。
細かく言えば、他にも異変に気づいた時には病院へ行き、検査を
します。

昨年の秋の時点で、ラキの血液検査での引っ掛かりは
「血糖値の上昇」でした。糖尿病を疑いましたが、
食べた時間などの絡みもあるために
1週間後再検査でクリアして異常なし。となりました。
ヘルニアがあるのは前から分かっていましたが、
痛がるのもほぼない為特に気にしてませんでした。
年末から散歩が少しきつそうになり、足元がふらつく事が
あるので獣医に相談。
ヘルニアからだろうと言われました。
春になり、健康診断で今度は低血糖が引っ掛かりました。
その原因を探るのに、獣医は色々考えてましたがもしも
「インスリノーマ」という病気であれば既に亡くなってる数値
だから除外。
生まれつきだろうか?・・・
インスリノーマなら手術は難しいので。。で終了。

気になり、インターネットで検索。
似たような症状を探しました。
幾つかありますが、やはり「インスリノーマ」が気になり、
セカンドオピニオンで相談、インシュリンの値を測りましょう。
との事で病理へ出した結果高値を表す結果となりました。。
セカンドオピニオンでは、「インスリノーマ」疑いです。
しかし、腫瘍が小さい為難しいのと転移が考えられます。との事。

不安の中、
エコー検査も受けましたが、その時も転移は見られず。

2週間のステロイドを頂きましたが、考えました。。
ネットの中でも同じ病気で北大で治療した仔が居る事を見つけ、
「大学病院での検査」を相談して、紹介後21日に朝から
山口大学での検査を受けました。
エコー検査やレントゲンではやはり腫瘍は見られず、
ヘルニアも診て下さったのですが、ふらつきが出るほどではなく
軽度も軽度である。と診断。
やはり血糖値からふらつきが出ている事が分かりました。

又、血液検査上血糖値以外に全く異常が見られないので
「確定診断」が出来ません。

次に、リスクのある麻酔をかけてのCTを提案されました。
が、CTを取らないと分からない為私はCTを希望。
まだ、他の臓器も元気、言えば膵臓も通常通り機能は
している状況。
体力もあるので、心配は消えませんが頑張ってもらいました。

結果は、転移は見られず、肝臓、腎臓、胃や腸も腫瘍は
ありませんでした。
問題の「膵臓」ですが、少し腫れかな?という
(ここも確定はできない)部分があるのみ。
「インスリノーマ」という病気は珍しく小さな腫瘍である為に
CTでも難しいそうです。

担当獣医の先生は「今日は、かなり空腹
(検査の為に前日五時以降水のみ)ですから
再度インシュリンを測ります。
その結果が一週間後ですから、もし又インシュリンが高いなら
試験開腹を提案します。との事でした。

膵臓を指で触りながら腫瘍を見つけるそうです。。
見つかればラッキー。見つからない場合もある。。

検査結果待ちですが、、外科的処置をするか、内科的処置で
1年半ぐらいのようです。。進行性の悪性腫瘍のようで、、

どちらにしても、頑張っているのはラキですのでよく考えて
次の対策を先生と話したいと思います。

珍しい病気らしく、症例も少ないようです。
同じ病気の仔がいたら、、一緒に頑張りましょう。

明日は

20190608232210cf1.jpg

明日は、こちらでフリマです☆
G20で高速は混んでますから、下道で頑張ってみます(笑)

10連休何しました?

皆さん、10連休でしたか?

蒼は、ちょくちょく仕事に出たり家に持って帰って
仕事してたのであっという間に休みが終わりました
でも、お休みは3日ぐらいがちょうどいいかなと
思ったおばちゃんですwww

休みの間にしたかった事は、
①整骨院www
②ケージをばらして掃除
③多肉植物の植え替え
④段ボールをリサイクル施設へ
⑤フリマ物資の整理
⑥快くん、幌くんのお風呂
⑦部屋の掃除
・・・・と続きますが、
①から⑥までは初日で完了
⑥の快君はお昼にお風呂へ入れる事にして
後日に快君とざくろ姐さんを昼間お風呂へ。。
⑦は数日かかりましたが半分完了www

後は疲れてました

一日だけ、友人宅へBBQパーチーへ♪
これが楽しかった
71410.jpg
71411.jpg
71412.jpg

美味しい物を持ち寄って、お肉とかお野菜は
準備して頂き♪なんて有難いwww
久々に楽しかったです☆
わんずもみんなお利口♪
(注意:みんなのわんこは訓練したり躾ができているから
体高さがあっても一緒にできるのです。)

(笑)ラキ君は相変わらずマイペースですが
71414.jpg
71416.jpg
71413.jpg

沢山食べて、犬談義して♪知らない事を
犬友達は知ってるから勉強になります☆
良い息抜きになりました♪

2019年ですね。。

あっという間に2018年も通り過ぎました。
昨年も、皆さまには沢山応援頂きましてありがとうございます。
やりたい事は沢山ありますが、犬達に負担を掛けない範囲での
活動を念頭に動いてますので保護頭数は少ないです。

また、多ければ良いとは考えてません。
年も明けましたので、保護団体とは?を書きたいなと
思います。

動物愛護は、ともすれば動物愛護事業と呼ばれるほど最悪の
ケースも出てきています。(以前からですが)
インターネットに書いてある事が全て「正しいのか?」は正直
自分で調べるしかありません。多分他人が言っても信じれない
でしょう。何故なら、優しい人の心を惑わすからです。
最近、「飼えなくなった動物を代わりに保護して里親を探します」と
いうサイトがあるようですが、、、世の中には動物実験や動物虐待が
普通にあるのが日本です。
その部分に対しての法律がどうなっているのか?
調べたりしますか?

と、いう事は、、保健所であふれる犬猫を「期限がいつまでだから
飼い主になる人いませんか?」は危険だと気付いて欲しい。
現在、地方自治体からの直譲渡は「環境チェック」(家庭訪問)
はあっていません。役所での勉強会をクリアして適正と判断されたらOK.
私はこの流れを手を挙げて喜べない。と思ってます。

お涙頂戴でブログを書き、団体間を流れる犬猫。
その個体別の責任は?どうなるのか?
可哀想な「野犬」と良く見ますが、「野犬」を人なれさせるのに
どうれだけの時間と労力が必要なのか?
引き出して、直譲渡出来る訳が無い。
犬を知っているなら当たり前の事です。

その中で、キャパシティオーバーで保護する団体、あふれる保健所。。
団体は譲渡を決めなければ次が保護出来ないのが現状。
では、お金があればやれるのか?そこは犬を飼っていれば分かると
思います。「向き合い」問題解決をしなければならない。
譲渡募集中にのる健康状態が事実か?と、、考えればわかる事ですが、
人は「感情」に流されます。

では、この状態をどうすればクリアになるのか?はやはり犬猫を好きな
人たちが「学ぶ」しか助ける道は無いと思います。
犬猫を学び適正飼育をする。のが一番出来る事ですが、
一歩踏み出して法律を学び、声を上げる。
声が沢山あがれば国は動かざる得なくなる。
その流れを知って欲しいです。

動物愛護団体として保護をしていない団体はそういう所を考えながら
情報を発信していたりします。
逆に、保護を知らないのでセンターから決まれば「正」と思う方々も
いらっしゃるようですが、学ばれるでしょうし、自分で気づかないと
聞く耳を持たないのが愛護団体の方々です。(苦笑)
よくも悪くも。

この仔を助ける為に何たら。。とか死んだ仔の気持ちがきけるとか。。
詐欺まがいの事を信じる前に、自分で学んで動いて欲しいなぁと
思う今日この頃です。

「殺処分ゼロ」のまやかしに乗せられるず、
どうやれば現状処分が減るのか?生かせる仕組みを作れるのか?
を考えたいと思う2019年です。

秋から冬ですし☆

ちょっとブログデザインを変えてみました~

☆お知らせ☆

◎フリマ・イベント予定

予定なし

暫く、活動自体が減ると思います。 愛犬ラキの体調が落ち着くまでは。。 蓮は継続して新しい家族を探してます☆

*保護犬の譲渡には譲渡条件がございます。 プロフィールをご覧下さい。

☆現在保護中☆

〇蓮♂シー・ズー(募集中)

☆プロフィール☆

蒼

Author:蒼
個人で保護活動をしてます。
亡き愛犬さくらとの出会いから
始まった犬や猫の保護活動です。
1頭でも小さな命が助かるように
蛇口を締める活動をしていきたいです。
よろしくお願いします。

H19よりアニマルレスキュー
ネットワークに参加してました。
H24よりARN久留米に参加
してました。
H26より↑改名 AubeDouceに
参加してます。
*AubeDouceは団体ではありません。
もちろんシェルターもありません。
各個人が保護活動をしている者の
集まりです。

動物福祉を念頭に考えそれぞれ
活動しております。

保護犬達の募集記事はこちら↓
http://aubedouce.web.fc2.com/index.html



ペット人間化メーカー

ペット人間化メーカー

☆最新記事☆

☆カテゴリ☆

☆カウンター☆

☆リンク☆

☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:

☆参加チーム☆

Aube Douce