FC2ブログ

Category虹の橋へ 1/1

レオ君が亡くなりました。。。

保護当時のレオ君↓譲渡後ふわふわなレオ君↓今、考えたらシュナウザーでしたね~何故、ミックス?という話が出たのか?確かシュナウザーミックスかも?と話していた事を思い出します。又、シュナウザーは脂のある食べ物が極端にダメだという事もレオ君で学びました。。。とても元気に吠えていた事を思い出します。トライアル後、正式譲渡になる時には吠えられた事もwww俺は帰らんぞっ!という気持ちが良くわかります。だって、とて...

  • 0
  • 0

ゼロ君旅立ちました。。

↓譲渡後(ふわふわ♪)可愛い、可愛いゼロ君が旅立ちました。。年賀状でお母様より体調が悪い旨記載がありました。。譲渡してから長い年月があっという間に経ち、犬達はあっという間に歳を重ねますね。。もう一回会えるかなと思っていた矢先の事でした。年始より私もバタバタしている中、娘さんが連絡をくれました。少し前から心臓の横に腫瘍があり、手術出来ない場所でご両親が一生懸命何件も病院を巡り治療をされていたそうです。...

  • 0
  • 0

菜つちゃんが虹の橋へ

実は、昨年の11月17日。。。朝の7時過ぎに菜つちゃんが虹の橋を渡りました。。。三本足ながらも、迎えて下さったT様は色んな体験やトレッキングや楽しい事に沢山参加させて下さって会うと真っ白ピカピカな菜つちゃんが笑顔でてへっと笑ってました。。ずっと元気だと思ってたのが最期はあっという間・・・・静かに息を引き取ったそうです。T様の傍で旅立てた事は菜つちゃんにとってとても幸せだったと思います。。遅くなりましたが...

  • 0
  • 0

ミルクちゃんが旅立ちました。。

5月22日。。朝4時8分ミルクちゃん(仮名:コットン)が旅立ちました。保護当時から大きな尿結石を膀胱に抱え血尿が出ていたシーズーでした。直ぐに、避妊と同時に膀胱結石を取り出して貰いましたが、結石ができやすく譲渡先のご家族いは大変手厚くお世話をして頂きました。定期的にエコーや尿検査をしていたにも関わらず突然に悲劇はくるんですね。。石が尿管につまり、急性腎不全になりました。最初の病院では詳しい説明が無く、...

  • 0
  • 0

ウィン君がお空へ旅立ちました。。。

5月3日20時半ぐらいに三年8か月闘病生活、毎日歩けないけど、ママさんとお散歩してお散歩仲間のわんこ達とふれあい充実した日々をおくっていたウィン君。。ママさんの愛情と猫ちゃん達から見守られ旅立ちました。寝たきりでしたが、美味しい物を食べ文句も言い(笑)幸せだったろうと思います。推定年齢5歳ぐらいで卒業しましたがそれでも13歳。家族のママさんの愛情なしにはこの長生きは出来なかった事と思います。本当にありが...

  • 0
  • 0

鈴ちゃん…

少し前から…本当に数ヶ月前に飼い主さんが脇にシコリを見つけて手術…それから転移…飼い主さんのお気持ちを尊重したくて、分かり得るあらゆる選択肢をご提供しました。飼い主さんは、涙を見せる事なく不安だろうに…辛いだろうに…笑顔で向き合って下さいました…。骨への転移の激痛と闘い、入院を繰り返し、それでも頑張る鈴ちゃんは金メダル級でした。針治療をお家に来てくださり受けた夜は、グッスリ眠れたようで、感謝してます。正...

  • 0
  • 0

小春ちゃん

実は、土曜日明け方小春ちゃんが虹の橋を渡りました。しばらく前から心臓に病気が見つかりご夫婦で一生懸命病院にかかり、セカンドオピニオンを受けたり出来ることは全てして下さいました。毎回送ってくださる写真には、笑顔の小春ちゃん。この仔は、久留米市愛護センターからの保護犬でした。保護当時から、目が悪くいづれ失明する可能性があるという事でそのまま状態を書いて募集をかけました。目の事も分かった上でW様は希望し...

  • 0
  • 0

ルイス君。

今日、卒業犬のルイス君の譲渡先よりお電話が入ってました。今年に入り、ちょっと調子が悪かったので心臓が鳴りました。。電話を掛けなおすとやはり、、悲しいお知らせでした。*保護当時のルイス君です。ルイス君は2009年に卒業したわんこ。私が保護活動を始めて右も左も分からない頃でした。保健所からの収容犬を引き出しが出来る所と出来ない所があった時代助けたくても助けられない時を、保護活動の先輩達が戦っていた時代...

  • 4
  • 0