FC2ブログ

個人で主に犬の保護活動をしています。

蒼のつぶやき

久々ですね~www
蒼の知りたくもないでしょう呟き
まぁ知らない方が熱心に読んでくださってる
ような話も聞くのでwww

最近、テレビやラジオなどでも「動物愛護」「動物福祉」が
叫ばれて沢山の団体、チーム、個人が活動してありますよね。
芸能人の方とかも。

活動を始めた頃から不思議だったのは、活動を始めた方
多分誰しもがぶつかる疑問
「なぜ、同じ活動をしているのに他団体と仲良くなれないのか?」
です。
今なら容易に分かってしまうのが悲しいですが。。。

活動を始めた頃は「綺麗な希望」を持って始めますよね?
しかし、活動をして見ると「汚い部分や疑問に思う事」が
見えてきます。
そして、やってみないと分からない点や考え方もです。

例えば・・・
某団体が殺処分ゼロの為に全頭センターから保護し、
譲渡している。などがありましたね。
しかし、犬を見ているとどの犬も命があるだけ。
のように見えました。おどおどしてましたよね。。
「それでも助かっているやん!」と思う方と。
「犬のQOLはどうなるの?尊厳は?」と思う方と
既に分かれます。
「それでも助かっているやん」の方は危険です。
どんどん保護して、持病も告知せず譲渡したり、
アフターフォローは入れなかったあり。
最近、聞きますよね。。愛護団体の崩壊。。怖いです。
犬猫が可哀想だし悪循環。

又、避妊や去勢についてもです。
「健康な身体にメスを入れるなんて!」と思う方と
「現状世の中を見て、これ以上不幸な犬猫が増えないように
絶対必要」と思う方。

又、一番黒いのが「寄付」の存在だと思います。

私も活動始めた頃、フードにも知識がなく命が助かるならと
面識の無い団体にフードを送りました。
高いフードや高い品物の商品はHPに載りますが、安いフード
や支援は載らないのですよ。。後から気づきましたが。
届いたかなぁと身銭を切った方としては思うのですけどね。

Aube Douceは勿論寄付を頂けば、
帳簿をつけて通帳で管理してます。
が、HPに振り込み先は記入しません。
何故なら、多額のお金は人を狂わすと思うし
身の丈に合った活動は身の丈に合ったお金があれば
出来るからです。
特に、私達は個人で保護資金をそれぞれ負担してますから。
蒼へのご寄付も帳簿、領収書できちんと管理してます。

しかし、これが活動者の生活費になっている
としたら別問題です。

「団体の通帳に寄付をくれ」でも良いと思いますが、
寄付した側の方々は収支を知りたくないですか?
それが、正しく犬や猫の治療や生活に使われているのか?
私はAube Douceを立ち上げた時に他団体の方から、
「あなたが収支を計上するから、私達もしなくては
いけなくなったのよ!」と言われました(苦笑)
はい。わざとですけどね(苦笑)狙い通りです。

私達はご支援する側もそこをきちんと見て、
応援しなくてはいけない
時期にきたのでは無いかと思います。

それから、私の活動を覗かれている他団体のあなた(笑)
別に良いけど暇よね?と思います。
そして、妄想である事ない事言いふらす。暇があるなら
犬猫を見たら?って感じです。
私は他人、、特に他団体のブログ等に興味がありません。
預かりさんからも「見ました?」とか言われるほど(爆)
時間が無くて。
勿論、譲渡情報を応援してFBでシェアする事はありますが
それは、8割犬の為です。
他人の中傷する為に活動をしておらず、Aube Douceとして
やりたい事は軸をぶらさずにやってます。
見えないし、聞こえないでしょうけど。

人の振り見て我が振りなおせですね。
日々思います。

って事で、「考え方」が違うのです。
一番大切な「譲渡の仕方も違います」

とか言いながらもかなりの努力をして
寄り添うように気がけてはいるのですけどねwww

新しいチームメンバーが入る時に、会いたいといわれて
会いましたが、ある程度話して「普通で良かった」と
(笑)言われました。
良い人材(活動をしたい方)が、保護動物の預かりを
押し付けられたり、多額の治療費を何故か負担させ
られたりして「やっぱり愛護は頭がおかしい人」と
思い辞める。。
イメージを払拭したい最近の蒼です。

保護活動は全ての命が助けられる訳ではないし、
保護だけが活動ではありません。
綺麗な言葉に乗せられて活動するのも寄付するのも
自己責任ですよ。
ネット社会ですよ。譲渡会も沢山あってます。
きちんと調べて、きちんと会話して、
正反対の団体ものぞいてみたりして、
ご自分の大切なお金を寄付したり、小さな命の為に
時間を割いたりしてください。

いつも、純粋な方々を外から見ていて心配になります。
余計なお世話でありますように。。と願いながら。。






スポンサーサイト

0 Comments

まだコメントはありません

Leave a comment