ももちゃんとの出会い

ももちゃんが亡くなり1週間を迎えようとしてます。
出会ってからたった2週間ほどでした。
保護活動を始めて3年を超えましたが、こんなにも辛い出会いは
初めてでした。

ももちゃんは、飼い主さんの都合でどうしても一緒にいる事が
出来なくなりました。が、飼い主さんは動物愛護センターへ
渡す事は出来ないと新しい飼い主さんを見つけましたが、
そこでも断られてしまい、インターネットや愛護センターへ
問い合わせをされて巡りめぐって私の元へと来ました。

出逢ったももちゃんは、家にいるシーズー達よりもほっそり
していましたが7歳という年齢なのか落ち着いた性格のおんな
のこでほとんど吠える事も無く愛嬌のある覚えの良いこでした。

しかし、たった1週間で急激に体調の異変を表わします。
家に来た時から、尿が少し濃い気はしてましたがまさか癌だと
は思いませんでした。
保護犬は知らない家に来ると、2・3日食事をまともに食べなかったりします。
ももちゃんは、1日目夜は普通に食べ2日目より少食になりました。
心配になり元飼い主さんへ伺うとドッグフードでは無い人間の食べる物を
食べていたという事だったので缶詰を少しずつかけてあげたりしましたが
やはり食事の量は増えず。
しかし、お散歩も軽快に走ったり元気は良かったのですが、1週間経つと
食べた物を吐いてしまいました。

今、考えれば最初の異変を感じた時に病院へ連れていけばよかったの
ではないか?と思ったりします。何か手を打てたのではないだろうか?
と。。。

そして、1週間後には病院へ入院。点滴の日々が始まります。
原因が分からずに痩せて行き、元飼い主さんに会ってもらう為にも転院。。。
しかしそこで分かった事は”末期の癌”で”肺に転移が見られる”事でした。
先生のお話では1週間かそこらではこういう風には成らない。。。
という事でしたが、やはり私は悔やみました。。。

会うたびにももちゃんは、吐き気で食事がのどを通らずに痩せました。
でも、いつも立ち上がり尻尾を振りました。
助けたかった。。。
飼育放棄。。。どうしようもない事情。分からない事もありません。
でも、やはり犬にしてみれば唯一の信じられる家族を失う事になります。
だから、これからの犬生を最高の犬生にする為に協力したかった。。

ももちゃんと会った最後の日、久々にももちゃんは飼い主さんと
お家に帰りました。その日ももちゃんは立ち上がる気力も無い
だろうに、飼い主さんの姿を見て立ち上がり尻尾をふったそうです。

それを聞いて、私はふと思いました。
”ももちゃんは、最期まで飼い主さんの傍に居る事を選んだのかも
しれない”という事です。
他の家には行きたく無い。
ただ飼い主さんの傍にいたかったのかもしれません。
これは、私の憶測にしかすぎませんが。。。。

お家まで飼い主さんとももちゃんを送りとどけた後、2日間。
一生懸命前足で立ち上がり、尻尾を振り続けたそうです。
最期まで強く飼い主さんを思うももちゃん。

癌の末期・・・人間なら痛みで人を思う事が出来ないのではないだろうか?

私は彼女に何もしてあげることが出来ませんでした。
でも、彼女は最期大好きな飼い主さんに看取られて犬生を終えることが
出来ました。
それは、きっとももちゃんにとって1番幸せだった事だと思います。

いろんな理由で本当は離れたく無かったお互いの気持ちが呼び合って
最期をきちんと看取ってくださった飼い主さんには感謝したいと思います。

そして、やはりどんな理由でも飼育放棄は無くなって欲しいと強く思い
ました。全ての犬達、猫達の気持ちは人間が大切な人と離れたくなくても
無理やり引き離されるのと同じです。
そう考えれば痛みを感じる事ができるのでは無いでしょうか?
特に、犬達・猫達は唯一の信じるあなたを失う。
そして愛護センターに連れて行かれれば命まで失います。

ももちゃんとの出会いは悲しく、最期はとても辛い出来事でしたが
沢山の事を学ばせてくれた彼女にまたいつか会いたいと思います。

ももちゃん、ありがとう。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 蒼ちゃん、ありがとう・・・

ももちゃん、おじいちゃんのところに帰りたかったんだよね。。。。

犬ってさ、そういうとこあるよね。
前に空輸でやってきたボーダーも、ストレスで自分を追い詰めて急性肝炎みたいになってなくなった。。。。

ももちゃん、そんな想いをしても、自分を追い詰めても、おじいちゃんのそばがよかったんだと思う。

蒼ちゃん、本当にありがとう。
ももちゃんはきっと今、虹の橋で蒼ちゃんに手を振ってると思うよ。。。

2. Re:蒼ちゃん、ありがとう・・・

>annyさん

手を振ってくれてるとありがたいです^^
私もすごく勉強になりました。

犬は本当に飼い主を信頼して大好きでいて
くれますよね。愛情を注いだらその倍は返して
もらってる感じです^^

今回、飼い主さんも沢山悲しまれました。
それはやはり愛情があったから。
その事からも、最後まで一緒にいる事の大切さとか絆の強さとか沢山学ぶべき事ありました。
☆お知らせ☆

フリマ予定

〇9月30日 大宰府フリマ

〇10月15日 久留米けやき通り祭 

〇10月29日 福岡市愛護フェスティバル 

〇11月12日 久留米市 マナビィランド(愛護活動)

*保護犬の譲渡には譲渡条件がございます。 プロフィールをご覧下さい。

☆現在保護中☆

〇玲♂:キャバリア(募集中)

〇茜♀:シーズーミックス(募集中)

☆プロフィール☆

蒼

Author:蒼
個人で保護活動をしてます。
亡き愛犬さくらとの出会いから
始まった犬や猫の保護活動です。
1頭でも小さな命が助かるように
蛇口を締める活動をしていきたいです。
よろしくお願いします。

H19よりアニマルレスキュー
ネットワークに参加してました。
H24よりARN久留米に参加
してました。
H26より↑改名 AubeDouceに
参加してます。
*AubeDouceは団体ではありません。
もちろんシェルターもありません。
各個人が保護活動をしている者の
集まりです。

動物福祉を念頭に考えそれぞれ
活動しております。

保護犬達の募集記事はこちら↓
http://aubedouce.web.fc2.com/index.html



ペット人間化メーカー
☆最新記事☆
☆カテゴリ☆
☆カウンター☆
☆リンク☆
☆メールフォーム☆

名前:
メール:
件名:
本文:

☆ランキングに参加中☆
にほんブログ村 犬ブログ シーズーへ