flower border

Smiley Animals

個人で主に犬の保護活動をしています。

BSで。^^

Category犬や猫達のニュ-ス

勉強になるテレビプログラムがあってました。ラブラブ!


ふとチャンネルと変えると、わんこが。


アメリカの若い囚人の人達が受ける、”ドッグスプログラム”でした。


以前からその話は聞いていたのですが、


ほとんどが、10年以上の重い罪で捕まっている人達です。


その人達の中から、希望者が受けるこの”ドッグスプログラム”


1頭の保護犬(捨てられたり、虐待を受けて保護された犬)を


シェルターより引き取り、彼らと1対1で向き合うのです。


彼らは、保護犬に”しつけ”をします。


「お座り」 「待て」 「伏せ」 などの基本的な指示を

覚えるまで教えます。


人間不信になっている犬達や、自分勝手な犬達に

教えるのは、彼らが苦手とする”忍耐”と”我慢”を

必要とするどうです。


彼らは、犬達と向き合うことにより”愛情”を感じ癒され、

考え方や他の人との接し方、これからの生き方さえも

変わると話していました。


訓練を受けて、癒され、学んだ犬達は新しい家族に

迎えられます。

新しい家族は、何度も会いにきて、希望の家族(犬)を

迎え入れるのです。


譲渡された後の事は、囚人生活を送っている彼らは

知ることが出来ません。でも、トレーニングセンター

の先生は、譲渡されて幸せいっぱいの家族と犬達

の映像をビデオで取ってきて、今まで手間暇かけて

世話をして送り出した彼らにご褒美として見せてくれ

ていました。


家族は、口々に言います。


”○○(彼らの名前)、君が居てくれたから、このこ(犬)

はこんなにいいこに成れたんだよ!君の愛情は絶対

に僕らもこのこ(犬)も忘れないし、感謝しているよ”


”○○(彼らの名前)、あなたが教えてくれた”見つめあう”

指示をいつもやっているの!見てっ!(犬と見つめあう)”


”○○(彼らの名前)、君には借りができたね!にひひ

僕の息子同然だよ!”(彼には両親が居ませんでした)


などなど。。。


全てが、共存する為の愛情や優しさに満ちていました。


生かす努力。

心を癒す不思議なわんこ達の力。



このドッグスプログラムの経験者はほとんどが、

再度 罪を犯すことは無いそうです。。。。。。



Smily Animals
愛犬・・・女の子です笑。時には姉御ですが(爆)




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment